ワキ臭いの改善方法

ある程度の年齢になると、臭いに関する問題というものはコンプレックスになりやすく、若年層で体臭がきついともなるといじめの対象になるとまでいわれています。

大人であっても加齢臭がキツいといったことを影で話されることも多く、いかにこのワキの臭いの改善を行うかということが重要になります。

そこで、ワキ臭いの改善方法として代表的なものをご紹介したいと思います。

まず、あまりに体臭がキツイという場合には外科手術によって汗腺を切ってしまうという改善方法があります。

手術ですが、術後の経過は非常によいのですが、再発のリスクがあるということがデメリットです。


続いて、お酢を入れたお風呂に入るという方法があります。

昔から使われてきた手法であり一定の改善効果が得られます。しかし、ワキに利用するためには大量のお酢が必要になるため、それならば、ワキ臭い専門の石鹸やデオドラントスプレーを利用する方がコストメリットがあるでしょう。


次に、食習慣の改善をあげておきます。

お肉を食べる日を一週間で30%程度まで減らす。これは、もともとの体質を改善するということに効果があるため、継続すればするほどワキの臭いが少なくなっていくといわれています。

とは言え、これを実際に行うのは苦痛ですし、比率や程度といった辺りで苦戦しそうです。



最後にワキガ改善のマニュアルを紹介します。

下間忠利という方が紹介されている名医が教えてくれた”わきが”改善法!というのですが

多くの方が実践され実績のある教材ですので、手術を検討する程悩みが深い方は試してみられては如何でしょうか?

手術の何十分の1程度の費用と苦痛で解決する可能性が高いです。それ程評判は良いです。チェックしてみて下さい。


>>わきが改善法の詳細チェック










ワキ汗を抑える食べ物

ワキ汗を抑える食べ物って、あるのでしょうか?

この食べ物を食べると、ワキ汗が止まるというような食べ物はありません。

そうはいっても、ワキ汗をかきやすい食べ物というのはありますから、そういう食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を避けてるような食生活にするといいですね。

例えば、交感神経を刺激する食べ物は良くないので、副交感神経(優位に働くと、血管が広がって酸素や栄養素がスムーズに運ねれますし、老廃物の排出なども行われやすくなるでしょう)を優位にするような食べ物を使った料理が良いと言えます。

副交感神経を優位にする食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は、大豆製品(豆腐・豆乳・納豆など)、緑黄色野菜、きのこ類、小魚、ごま、海藻、お酢などですね。

穀類で言うと、白米よりも玄米の方が良いので、健康にも良いと言われている玄米に変更してみるのもいいかもしれません。

できれば、こういった副交感神経(コリン作用性神経とも呼ねれ、アセチルコリンという神経伝達物質を放出します)を優位にする食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を使って、和食の献立にするのが理想です。

和風の献立にすると、脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)が抑えられるため、ワキ汗を抑えるのに良いと言えるでしょう。それに、体を熱くするような刺激物は避けるようにします。

香辛料のたくさん入った料理は、それを食べたのみでワキ汗が増えますので、そのようなものを避けて、刺激のない食べ物を中心にしてみてください。

腋臭の臭いを自分で抑えるには?

ワキガの臭いは、脇の下のアポクリン腺といった特殊な汗腺から出た汗を細菌などが分解するにあたり発する臭いだと言われています。

アポクリン腺から出る汗そのものは、アンモニアなどが含まれているものの、実質的には無臭だといわれており、その汗を細菌が分解する際に独特の臭いになったのであれね考えられているのです。

ですから、汗といっても一般的な汗臭さとは全く臭いが違ってきます。その為に、清潔にして細菌が少ない状態を保ったり、汗が出ないようにしていれば、臭いは極力抑えることが可能ということになります。


本来なら、頻繁にシャワーを浴びるのが理想的です。でも、なかなかそうはいきませんから、夏場などは特に、制汗剤を使用したり汗脇パットなどを利用して、吸収させてしまうのがよいでしょう。欧米で香水が発達したのは、腋臭の人が多い事が理由と言われています。

香水などを利用して臭いを目立たなくする事も一つの方法ではありますが、あまり香水を使い過ぎるとむしろ異臭になってしまいますから気をつけなければなりません。また、アポクリン腺は脇毛の量と密接な関係があるとされています。それに、脇毛があると細菌が繁殖しやすいですから、女性の場合は脇毛の処理を行うとを行うことで臭いをある程度は抑えられるでしょう。

ただ、男性ともなれねなかなか処理することは難しいですよね。その他に自分で出来るケアとしては、体の臭いのきつくなる肉類を避けた食事を心がけるという方法もあります。

でもやはり下間さんのマニュアルを一押しします。

>>わきが改善法の詳細チェック