乾燥性敏感肌

「敏感肌」は「乾燥性敏感肌」とも言われています。正常な肌の場合、角質層の厚さは0.02〜0.03oで、水分の含有量は15〜20%に保たれていると思います。

肌には、水分と油分のバランスを整える機能が備わっていますが、セラミドの不足や排泄機能の低下、皮脂や汗腺から出る水分不足により、乾燥肌や敏感肌になってしまうんです。「セラミド(スフィンゴ脂質の一種で、細胞膜に存在する成分です)」は肌の角質層にあり、外部刺激から肌を守るバリア機能と、角質層の水分を保持する役割を果たしているのです。

乾燥性敏感肌になってしまった肌への対策として、はじめに「セラミド」の働きをケアする事が大切となります。肌がうける外からの刺激は、気温の変化や乾燥、ダニ・ハウスダスト(除去するためのスプレーなども売られています)・雑菌など、日常生活のいたるところに存在します。肌が健康な状態を保てない「乾燥性敏感肌(肌が荒れたり、炎症を起こしたり、痒みを伴ったりするでしょう)」になってしまった時には、これらの全部が肌トラブルを引き起こす原因といわれているようです。

敏感肌になると、ささいな刺激でも肌の調子が悪くなってしまいますので、肌を本来の正常な状態に戻すよう、様々なケアをしなければいけません。敏感肌(他の人なら平気な刺激にも過敏に反応してしまうため、日常的に困っている方も少なくないでしょう)対策として、部屋の湿度を調整したり、食生活でも栄養を気にするなど、始めに無理なく出来る事から始めましょう。