ヒアルロン酸やセラミド

敏感肌対策として、化粧の下地にヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分が配合されている化粧水を使う事をおすすめします。また、肌細胞を健全化して水分保持能力を改善し、セラミド(近年、流行している角質を削るような洗顔を行うと、失われやすくなるでしょう)をはじめとする細胞間脂質を作り出す、「ライスパワーNo.11」と言う成分を配合した保湿化粧水にも、人気が高まっています。

敏感肌対策のために化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も畭なります)などのスキンケア商品を変えようと思ったとしても、肌に影響が出てくるのは数日から1ヶ月以上かかります。敏感肌の人は特に、肌に合わない商品かどうかを見極めるため、化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)・乳液などと、一つずつ変えて敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)対策をするといいでしょう。また敏感肌の人にとって、季節の変わり目や生理前〜生理中などの肌は、いつもに増して敏感になっているため、この時期に化粧品を変えることはおすすめできません。

敏感肌の人って、サンプルをもらってパッチテストをしてから使うと、肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)を避けることができます。化粧水や乳液を買う前にラベルやパンフレットを見て、敏感肌(他の人なら平気な刺激にも過敏に反応してしまうため、日常的に困っている方も少なくないでしょう)に刺激を与える成分が含まれていないか、チェックすることも大切なんですね。

敏感肌を悪化させる恐れがあるといわれる「タール(長期的に喫煙を続けるほど、体内にたまっていき、除去されづらくなります)色素」や「界面活性剤」など、添加物に注意しますが、厳しい検査のもとに安全性が認められた「界面活性剤」が使用されている化粧水もありますので、肌トラブル(エステや美容整形などを利用して、解消を図る人もいますね)が生じないような敏感肌対策が必要です。