ワキガは遺伝する?

残念ながら、ワキガは遺伝することが確認されています。

このため、子どもに遺伝するのではないかと悩む方も大変多いようです。
ワキガの原因は、脇の下に存在しているアポクリン腺の数だとされています。アポクリン腺(脂質やたんぱく質などを含む分泌物が悪臭の原因となることもあるでしょう)は全身にある汗腺とは違う汗を出す器官ですが、その数が多いとワキガになるとされているのです。

そして、そのアポクリン腺の数は遺伝すると言われているんですね。

ワキガ(実は、男性よりも女性の方がなりやすいんだとか)の体質は優性遺伝のため、両親のどちらかがワキガ(耳の中にもアポクリン腺があり、耳垢を調べることでワキガの有無がわかると考えられています)体質を持っているだけで、その子どもに発症する可能性があります。

また、両親が揃ってワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)ともなれね、その子どもはワキガのダブルファクターになる可能性もあります。ダブルファクターとは、両親から各1つずつもらった遺伝子の両方がワキガ体質ということです。優性遺伝とはどちらか一つだけでも受取れば、つまり、シングルファクターでも発症するものなのです。でも、両親がともにワキガ(腋臭症ともいわれる腋窩の汗が独特の悪臭を発する症状のことです)ならね、その子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)はダブルファクターになる可能性があり、その場合にはその子どもは百パーセントワキガ体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)が発症してしまうことになります。

遺伝子(生物の時間にメンデルの法則を習った記憶はうっすらと残っているのではないでしょうか)は全て、両親から各1つずつもらった二本で一対になっています。父がワキガのシングルファクターで、母がワキガ(実は、男性よりも女性の方がなりやすいんだとか)体質ではない場合、以下のようになります。

父 
Aワキガ体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています) 
Bワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)体質ではない/母 
Cワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)体質ではない 
Dワキガ体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)ではない

この場合、子どもは以下の様な割合でワキガ体質になるのです。

父A・母Cと父A・母Dの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質シングルファクター・・・50パーセント
父B・母Cと父B・母Dの遺伝子(遺伝情報を次世代に伝える役割があります)をもらった場合は、ワキガ体質ではない・・・50%

両親ともにワキガ体質シングルファクターの場合は、以下のようになります。

父 
Aワキガ(耳の中にもアポクリン腺があり、耳垢を調べることでワキガの有無がわかると考えられています)体質 
Bワキガ(アポクリン腺からの分泌物や分泌畭常などが原因だと考えられています)体質ではない/母 
Cワキガ体質 
Dワキガ(アポクリン腺からの分泌物や分泌畭常などが原因だと考えられています)体質ではない

父A・母Cの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質ダブルファクター・・・25%
父A・母Dと父B・母Cの遺伝子をもらった場合は、ワキガ体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)シングルファクター・・・50パーセント
父B・母Dの遺伝子を貰った場合はワキガ体質ではない・・・25%

両親のどちらかがワキガ体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)ダブルファクターの場合

父 
Aワキガ体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています) 
Bワキガ体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)/母 
Cワキガ体質ではない 
Dワキガ体質ではない

全ての組み合わせで、子どもはワキガ体質シングルファクター・・・100