ワキ汗には刺激物はダメ?

ワキ汗には刺激物はダメとされています。

刺激物には、発汗作用があることがほとんどだからです。辛い物などは、体を温める効果もあるのですから、自然と汗を多く出してしまいます。

カレーなどの香辛料がたくさん入っている辛い食べ物を食べた時には、普段はあまり汗をかかないという人でも汗をかくことが多いですよね。ワキ汗が気になる人は、こうした香辛料や辛い物を取るのは、可能な限り控えた方がいいかもしれません。

香辛料や辛い物以外でも、刺激物と呼ばれるような物は、ワキ汗の原因になると言われています。

例えば、緑茶や紅茶、コーヒーなどに含まれているカフェインも刺激物で、ワキ汗には良くありません。


カフェインが交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)の働きと汗腺の働きを促進させるので、ワキ汗をかきやすくなります。それに、タバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)にも同じようなことが言えます。タバコが体に良くないことは、どんな方でも知っていると思いますが、ワキ汗にも良くありません。

タバコにはニコチン(タバコに含有されているので、身近ではありますが、実は毒物および劇物取締法で毒物に指定されています))が含まれており、このニコチンが交感神経を刺激するのです。それにより、ワキ汗が多く出るということになるのです。

タバコは思いきって禁煙し、タバコ以外の刺激物はなるべく控えると、ワキ汗予防になるので、ぜひ実行してみてください。