肌のくすみがでる原因

肌のくすみが出る原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)には、いくつかの要因が考えられます。くすみといえね、加齢によるものと思われやすいですが、お肌にダメージを与える生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)をしていると、若いうちからくすんでしまうことがありますので、注意してくださいね。

まず、紫外線対策はしっかりとしていますか?皮脂の表面にメラニンが生成されてしまうと、それがシミやくすみの原因になるのです。それだけじゃなく、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)は皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)細胞の遺伝子(「サウザー遺伝子」と名付けられた内臓の位置が逆転する遺伝子もあるそうです)を壊したり、酸化させたりして、肌のターンオーバーを乱します。

さらに、たるみや弾力性の衰えの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)ともなり、これら全てがくすみの原因となります。次に、正しい洗顔方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)で顔を洗っていますよねか?クレンジングがおざなりだったり、十分に洗顔できていなかったり、すすぎが足りなかったりしていると、汚れが皮膚に残ってしまい、顔がくすんでしまうはずです。また、血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)もくすみの原因になります。

冷えや運動不足(加齢と共に筋肉の量は?えてしまいますから、毎日少しずつでも運動をするべきですね)、ストレスなどで血液やリンパ液の循環が悪くなると、ターンオーバー(スタンレー・コーエン博士が発見したEGFを使うと再生力が高まるそうです)が滞りなくいかなくなり、角質(ヒトや動物などの表皮や毛、羽毛や蹄、爪を構成している角化組織です)が残ってしまうため、どうしても顔色がくすんで見えます。それ以外にも、毛穴に皮脂や化粧汚れが蓄積されしまうのも、くすみの原因になるのですし、実は乾燥も顔をくすませます。乾燥する冬はもちろん、エアコンの効いた室内にいる夏も油断はできません。

過剰な洗顔やタオルでゴシゴシこするのもNGです。肌のバリア機能が落ちて、刺激に弱くなってしまいます。それから、加齢もくすみの大きな原因です。肌老化(紫外線が原因の場合を「光老化」と呼ぶそうです)のダメージによって、さまざまな皮膚トラブルが起きてきます。コラーゲン(魚のアラや鶏の皮、豚足、牛すじなどに多く含まれています)やヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)が足りなくなる事で、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の新陳代謝が落ちるため、古い角質がたまってしまいます。肌のくすみを防ぐためには、毎日の正しいケアを心がけて下さいね。