ガミースマイルとは

ガミースマイルって知ってますか?笑った時や話をしている時、歯茎がたくさん見えてしまう口元を「ガミースマイル」と言います。どんなに歯並びがキレイでも、歯茎が目立ってしまうような口元では、かわいらしい笑顔も台無しになってしまいます。

芸能界では、久本雅美さん、明石家さんまさんがそうですね。本人はそれ程気にしないのでしょうか。でも普通の若い女性などは、そうはいきませんね。精神面でコンプレックスになってしまうなど、笑うことをためらってしまうことも少なくありません。

若い女性では、コンプレックスに悩むケースもあります。ガミースマイル治療となると美容整形が基本となります。歯茎の見える程度、年齢や口周りの状態などにより、治療の仕方や手術方法が変わってきます。

ガミースマイル軽度の場合は矯正治療で済みますが、歯茎が大きく見えてしまう場合の重度の方は、矯正や美容外科、形成外科での治療が必要になるということです。また大掛かりな治療になればなるほど、費用、時間、術後の状態等注目点がありますね。安心できる処を探し、相談してみましょう。

鼻柱基部プロテーゼ挿入法

ガミースマイルにも効果的と言われている「鼻柱基部プロテーゼ挿入法(挿入術)」は、本来、鼻や口元の美容整形として行われている手術です。鼻柱基部プロテーゼ挿入法は、鼻柱(鼻の穴の間の部分)の付け根「鼻柱基部」を持ち上げて前方に出すことによって、ガミースマイルを改善するための手術です。

鼻柱基部プロテーゼ挿入法の手術は、局所麻酔をした後、口の中の粘膜を切開して鼻中隔下制筋を切離し、特殊なシリコンプロテーゼを鼻柱基部に挿入して鼻唇角を広げ、歯茎が大きく見えるのを目立たなくする手術です。ガミースマイルの鼻柱基部プロテーゼ挿入法に使用されるシリコンプロテーゼは、耐久性にも優れ、人工血管として心臓のバイパス手術にも使用されているシリコンと同じ素材の物を使いますので、安全は保証されています。

鼻柱基部プロテーゼ挿入法も、他のガミースマイル治療と同じく、傷が表面に見えることはありません。しかし、腫れは2〜3日続き、約2〜3週間程度経たないと、自然な感じには戻りません。術後2〜3日程度は、シリコンプロテーゼが移動しないよう、鼻下をテープで固定することも必要になります。

鼻柱基部プロテーゼ挿入法の術後、当日からシャワーや入浴が可能で、洗髪も翌日からできますが、顔を濡らさないように注意しなくてはいけません。ポイントメイクも当日から可能ですが、洗顔は鼻下を固定しているテープが取れてからになるので、化粧はできるだけ避けた方がいいでしょう。また、1週間くらいはうつぶせで寝ないなど、ガミースマイル治療後も鼻や口元をぶつけないような注意が必要です。

ボトックス注入によるガミースマイル治療

ボトックス注入というプチ整形が、ガミースマイルの治療方法のひとつとして挙げられます。美容外科や形成外科で受けられますよ。ボトックスとは顔の表情筋のみに効果があるプチ整形で、ガミースマイルの他にも、額や眉間、目じり、えら、オトガイの治療にも使用されています。

手術と違い、メスを使わないので、気軽にガミースマイルを治療できる方法と言えます。ボトックスは表情筋の緊張をゆるめたりするなど、筋肉の過剰な活動を抑制し、笑うと歯茎が見えすぎてしまう筋肉の動きを抑制させる治療です。ガミースマイルを魅力的に矯正してくれる魔法のひとつとして注目を浴びています。

ボトックスのメリットは、誰にでも効果が出ること、注射による治療なので、傷や腫れがないことが挙げられます。また、デメリットは、まれに内出血してしまうこと、効果が持続するのは5〜6ヶ月程度と、時期が経てば又、ガミースマイルに戻ってしまうため、継続的に治療を続けなくてはいけないことなどです。ガミースマイル治療に芸能人が使用するのはこのボトックスが多いと言います。

おさらいしておきますが、ボトックス注射は、表情ジワ部分の表情筋が動きにくい、リラックスした状態をつくりだします。効果が期間限定となる為、ボトックス注射は年に2〜6回程度注入を続けることが必要で、費用・心身の両面で負担となる場合もあります。効果があればあるほど、効果が切れるとボトックスしないと!となるケースですね。

ワキ臭いの改善