ガミースマイルになる原因

上側の歯茎が見える、ガミースマイルになる原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)には、口元をコントロールしている筋肉が上唇を必要以上に上昇させる場合や、上あごの骨が長く、前に出てしまっている場合などがあります。これらの場合、自然に治るという事は少ないため、手術など、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が必要になってきますが、原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)に応じて治療が異なりますから、専門医に正確な診断をしてもらう必要があります。

ガミースマイルでお悩みののは、大人だけでなく子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)も同様ですが、乳歯が生えている幼少期に前歯の歯茎が見えている場合、永久歯に生え変わる事によって、ガミースマイルが改善されたという例もあります。

また、両親がともにガミースマイルで、そのあいだに生まれた子どもが優性遺伝によってもガミースマイルになるというケースもあります。小学生(近年では、あえて名札をしない学校も多いのだとか)低学年の時期には、上あごと下あごのズレを解消する治療を施し、小学生(近年では、あえて名札をしない学校も多いのだとか)中学年以降は、上あごの骨の成長を抑制する治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)をするなど、遺伝の場合でも治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)によっては、大人になる前に改善する事も可能です。しかし、成長段階では、完全に全てを改善可能とは言い切れませんので、高校生くらいになってもガミースマイルが気になる場合は、更に最終治療が必要になります。

指や舌の悪習慣で、上下の噛み合わせが悪くなることも、ガミースマイルの原因の一つです。口の周りの筋肉が一般の人よりも弱いことも、ガミースマイルの原因になっているので、生活習慣を見直してみることも必要になってきます。