ガミースマイルの程度

ガミースマイルの程度が重度の方は、「筋肉切除法(Miskinyar法)」で治療を行います。こちらの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)も、美容外科で受ける事が出来るはずです。

筋肉切除法の麻酔方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)は、粘膜切除法や歯茎部切除法と同じです。手術方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)は、歯茎の左右各1ヵ所を2〜3センチメートル程度切開し、上口唇付近の上口唇筋群を切除する手術方法で、十分に止血した後、問題がなければ縫合します。状況に応じては、耳の後ろから切り取った軟骨を、鼻と歯茎の境目に移植する処置や、インプラントを行うこともあるようです。

このように、ガミースマイル治療のための筋肉切除法では、その人によって処置が違ってきますので、手術時間も60〜90分程度と幅がありますよね。筋肉切除法もおのずと溶ける糸を使うので、抜糸も必要ないですが、耳介部だけは1週間後に抜糸が必要です。

このガミースマイル治療も、術後1週間程度は腫れの症状が出ますし、上唇の感覚は、術後1〜三箇月程度戻らないようです。上歯茎の周辺には、細かい神経が無数にあるため、不慣れな医師であれね粘膜を傷つけ、皮膚に損傷を与えるなどというミスも起こっているものです。筋肉切除法でガミースマイル治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行った場合も、術後、シャワーは入れるのですが、入浴は翌日以降からが良いとされています。また、刺激物なども、術後2〜3日は控えた方がいいでしょう。